ホームページ制作 恋愛詩 | 虹の輪



Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
CATEGORIES
PROFILE
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
RECOMMEND
OTHERS

虹の輪

自由に生きてます
スポンサーサイト


一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
願わくば



逢いたい


抱きしめたい


手を繋ぎたい


話したい


一目見たい


声が聴きたい


笑って ほしい





笑ってください
| 恋愛詩 | 02:23 | comments(0) | trackbacks(0) |
貴方



五年前の冬

授業中貴方を見てました



四年前の春

貴方と同じクラスで幸せでした



三年前の夏

貴方がいない寂しさに気付きました



二年前の秋

貴方を思い出して涙しました



一年前の冬

いない街中で貴方を探しました



ある人は言います


それは恋じゃなく依存だと



ある人は言います


お互い長い片思いねと



私は問います


これは恋なの?依存なの?と



私は私に問います


瞳を閉じて浮かぶ人は誰ですか?と
| 恋愛詩 | 02:06 | comments(0) | trackbacks(0) |
ひとり



ひとりでなきたいときは
あなたが傍にいないとき

ひとりでねむる夜は
あなたがいなくなったとき

わたしはひとり
いつでもひとり

あなたはどこにいったの
あなたはどこにいってしまったの

わたしひとりをのこして
あなたはどこにいったの

あといくつのじかんを
ひとりですごしたら
あなたは傍にきてくれますか

あとどれくらい涙を
ながしたら
あなたは手をのばしてくれますか

| 恋愛詩 | 21:53 | comments(2) | trackbacks(0) |
ポケット




あなたの手が隣にあるのに


あなたの顔が隣にあるのに


手を繋げない、顔を見れない




冬の空気が優しくて


白い息が瞼にかかる


ポケットの中の手は


行き場をなくして




あなたが隣にいるのに


手を繋げない

| 恋愛詩 | 02:21 | comments(0) | trackbacks(0) |
誰かを灯す、灯になりたい



君が暗闇で迷ってるなら

僕がその道を照らしてあげる



君がこれ以上自分を責めなくていいように

僕がその道を照らしてあげる



人がみな誰を照らすものだとしたら

僕は君を灯したい


| 恋愛詩 | 23:58 | comments(0) | trackbacks(0) |
ただ、涙流るる



誰かの為に流した涙は、

とても綺麗でした

自分を思って流した涙は、

とても醜いものでした


貴方を想って流した涙は、

とても苦しいものでした


| 恋愛詩 | 23:55 | comments(0) | trackbacks(0) |